薄毛治療に有効な「自毛植毛」

自毛植毛とは、薄毛や抜け毛などで髪の毛が薄くなっている部分に、自分自身の後頭部や側頭部の、脱毛しにくいDNAを持った毛髪を薄く切り取って、移植を行う手術のことです。
手術は局所麻酔で行われ、通常3時間前後で終わりますので、入院をする必要もありません。



最近では、男性型脱毛症(AGA)治療の中で最も有効な治療法とされており、移植を行った毛髪は、約90%以上の確率で移植後に自然な毛髪サイクルを再び取り戻し、半永久的に髪の毛が生え続けるというメリットがあります。
増毛やかつらのように、定期的なメンテナンスや新調をする必要もありませんので、施術後のメンテナンス費用が不要であることも、自毛植毛が人気となっている理由のひとつと言えるでしょう。

現在は、メスを使って皮膚を切り取りドナーを採取する「FUT法」が、最も定着率が良い植毛法とされていますが、メスを使わない自毛植毛「FUE法」や、韓国で開発されたサイズの違った針を用いて、穴あけと植え込みを同時に行う「ニードル法」など、さまざまな植毛法があります。

信頼性の高い自毛植毛関連のノウハウを解説します。

自毛植毛は、施術する範囲にもよりますが、治療費におよそ100万円前後の治療費が掛かってしまうため、現状では決して安価な毛髪治療とは言えませんが、今後、研究や開発が進めば、もっと経済的な負担も少なく、多くの薄毛や抜け毛に悩んでいる男性が、その悩みから解放されると期待されています。

All Aboutが今、話題になっています。

今後も、注目をしていきたい毛髪治療法です。