自毛植毛で気になることとは

自毛植毛は、AGA治療の治療法としてとても有効です。植毛の種類には、自毛植毛と人工毛植毛があり、人工毛植毛をした場合には、異物として拒絶反応が起こったり、定着せずに抜け落ちてしまう確率が高くなってしまいますが、自毛植毛の場合には、自分の髪の毛なので、定着率は95%以上と非常に高く、また、一度植えるとメンテナンスを必要としないため、費用も安く仕上げることができます。

今よりも自毛植毛の便利な情報を集めたサイトです。

自毛植毛では、自分の後頭部や側頭部のAGAの影響が受けにくい髪を薄くなっている生え際や頭頂部に植えていきます。


そこで気になるのは、抜けてしまったところに移植するので、再び抜けてしまわないかということですが、後頭部や側頭部の髪の毛をAGAの影響で抜けてしまった生え際や頭頂部に植えたとしても、その髪の毛の性質はそのまま受け継がれるため、再び抜けてしまうということはありません。
同じ理由で、白髪も生えてきます。
黒い髪の間に植毛を行ったとしても、性質を受け継ぐため、周りの髪と同じように白髪になるため、不自然に黒く残ったりすることはありません。

今すぐ使えるgoo ニュースに関するお役立ち情報サイトです。

自毛植毛が終わってから数日は、シャンプーや刺激についてある程度気をつける必要がありますが、それを過ぎれば今までと同じように普通にシャンプーをしたり、運動をしたり普段の生活を送ることができます。


人工毛植毛と違って、自分の髪だけを植えるため、髪の毛の量には限界はありますが、とても安全で将来的に長く定着します。