植毛の種類と特徴とは

植毛に方法には、大きく分けて2種類あります。

人工的に作られた毛髪を頭皮に埋め込む人工毛植毛と、自分の髪の毛を毛根組織ごと切り取り、薄毛の部分に移植する自毛植毛という方法です。

人工毛を使ったものは、時間をかけずに好みの色や量をセッティングできるというメリットがあります。


費用も比較的安価で、様々なタイプの毛髪が取り揃えてあります。

このサイトで植毛の情報を手に入れてみませんか?

デメリットとしては、一度抜ければ二度と生えてはこないため、定期的なメンテナンスが必要になるという点です。
その都度費用がかかり、異物を皮膚に埋め込むために炎症などの肌トラブルが起こることも多く、最近ではあまり行われなくなってきました。

M3Qについての総合情報ポータルサイトです。

自毛植毛とは、その名の通り自分の髪の毛を酸かった増毛方法です。髪が薄くなりにくい後頭部などから、髪の毛を必要な量だけ皮膚ごと切り取り、移植して植え付けることになります。

費用も高額で傷口のケアなど注意すべきこともありますが、一度移植して定着すればその組織が生きている限り髪の毛が生えてきます。

また、もともと自分の組織を利用しているので、生えてくる髪の毛も自然に馴染んでくれます。


移植には手術が必要で、局所麻酔を使用して行います。平均して約6から8時間程度かかるので、手術の日は仕事を休むなどしたほうが良いでしょう。

手術後、約1か月間は通院したり、シャンプーの際は擦らないようにするなどの注意が必要となります。



メンテナンスなどは特に必要なく、維持費という面では心配ありません。